ほっこりやさしい「かぶ」の季節

95

やさしい味わいの「かぶ」

コロンとしたかわいい形のかぶには、大地のパワーがいっぱい詰まっています。日本では弥生時代に栽培がはじまったとされており、古くから親しまれている野菜のひとつです。
煮込むとトロトロになり心も体も温まり、生で食べても柔らかく甘みがあり、いろいろな食べ方が楽しめますよね。今回は寒くなると美味しくなるかぶについて、詳しくご紹介します。

根も葉も体にうれしい栄養がたっぷり

かぶの根は淡色野菜で、ビタミンCやでんぷんの消化を助ける酵素のアミラーゼが含まれています。ビタミンCやアミラーゼは熱に弱く変性しやすいので、生で食べるのがオススメです。
また、葉は緑黄色野菜で、抗酸化作用のあるβ-カロテンやビタミンC、骨を強くするカルシウムやビタミンK、貧血の予防に役立つ鉄や葉酸などの栄養が豊富に含まれています。特に、日本人に不足しがちなカルシウムの含有量は、野菜の中でもトップレベル!ぜひとも、葉まで残さずいただきたいですね。

選び方のポイント

根の表面が白くてツヤがあり、硬くてずっしりと重みのあるものを選びましょう。また、葉がみずみずしく色鮮やかな緑色のものが良品です。葉のつけ根がしっかりとしているものは、新鮮な証拠です。

調理のポイント

根をサラダに入れるときは繊維を断ち切るように薄切りにすると、柔らかく味もなじみやすくなります。繊維は、成長する方向に伸びるため、軸に対して垂直に切ると◎。りんごや柿など、フルーツと組み合わせたサラダもオススメです。
また、根は煮崩れしやすいため、弱火で加熱して煮すぎないように注意してください。茎を少し残す「くし形切り」にすると、繊維の流れが残るので煮崩れ対策になります。緑色がアクセントになるのもキレイです♪

96

旬と保存の方法

かぶの旬は3~5月と10~12月。春のかぶは柔らかく、秋から冬のかぶは甘みが強いのが特徴です。
かぶは根と葉を切り分けて、別々に保存することが重要です。葉つきのまま保存すると根がしなびてきてしまいます。根はラップに包み、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。葉は乾燥を防ぐため、湿らせたキッチンペーパーで包んで袋に入れ、できれば立てた状態で野菜室へ。葉はすぐに黄色くなるので、塩ゆでして冷凍保存がオススメです。たっぷりのお湯に塩をひとつまみ加えて、1分前後茹でましょう。茹で上がったら冷やして水気を切り、小分けにして冷凍しておくと便利です!みそ汁の具や煮物、炒め物にも使えます。

97

ぜひ、かぶの美味しいこの季節にいろいろなレシピを試してみてください♪

かぶのおいしい健康レシピ3選

かぶの丸ごとスープ
by おいしい健康さん
かぶは、胃腸を温める事で知られており、冷え性にもおすすめなレシピ!かぶの甘さが美味しく、食べ応えもあります。
かぶと干ししいたけの酸辣湯
by TheCheshireCatさん
酸味と辛味が効いた、中華スープ。減塩効果◎で、塩分控えめでも美味しい!たっぷりの生姜とトロミが体を温めます。
切り干し大根とかぶの葉の炒め煮
by けりーchanさん
不足しがちなカルシウムが多い摂れる切り干し大根。栄養バランスがよく、日々取入れたい食材の1つです。常備菜にもオススメ♪

かぶの栄養価

エネルギー
20 kcal
たんぱく質
0.7 g
脂質
0.1 g
炭水化物
4.6 g
食物繊維
1.5 g
食塩相当量
0.0 g
カリウム
280 mg
カルシウム
24 mg
マグネシウム
8 mg
リン
28 mg
0.3 mg
亜鉛
0.1 mg
ビタミンA
0 µg
ビタミンE
0.0 mg
ビタミンB1
0.03 mg
ビタミンB2
0.03 mg
ビタミンB6
0.08 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
48 µg
ビタミンC
19 mg
ビタミンD
0.0 µg
コレステロール
0 mg
※可食部100gあたりの栄養価です

※2015年11月に配信した記事を一部再編集しています。

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士