DHAだけじゃない!栄養の宝庫「カツオ」

470

動くのを止めると死んでしまう!「カツオ」

カツオといえば鰹節にカツオのたたきなど、日本の食卓には欠かせないお魚ですよね。
カツオの泳ぐスピードは魚の中でも最速!そして止まると死んでしまうため、常に泳ぎ続けています。今回はそんなカツオについて、栄養価や選び方のポイントを解説します。

DHAだけじゃない!栄養の宝庫カツオ

カツオは、滋養強壮に欠かせない栄養素の宝庫。ビタミンB群が豊富で、血合いには鉄分がたっぷり含まれています。まさに疲労時などの、体力回復にはもってこいです!

選び方のポイント

鮮度が落ちると、茶色っぽく変色してしまうカツオ。血合いの部分がはっきりしているもの、さらに、身がしまっていて色鮮やかで赤色がきれいなものを選びましょう! 1尾丸ごとを手に入れる場合は、おなかに丸みがあり、側面の縞模様がはっきりしていてツヤがあるものを選ぶと良いでしょう。

調理のポイント

刺身やたたきなど、新鮮なうちにシンプルに食べるのがオススメ。 ビタミンB群は、水に解けやすく、熱に弱い為、刺身やたたきであれば栄養を余すことなく食べることができます。また、薬味にニンニクや葱を使うとカツオに豊富なビタミンB1の吸収が高まり、疲労回復に更に効果的です。

旬と保存の方法

旬は初夏の「初ガツオ」と秋の「戻りガツオ」の2回。 初ガツオはさっぱりとした味わいです。一方の戻りガツオは脂がのって 濃厚な味わい。栄養価も初ガツオを上回ります。
また、カツオの保存は、新鮮なうちに早く食べるのが鉄則。 カツオはアミノ酸の一種、ヒスチジンが多く、時間が経つとアレルゲンであるヒスタミンに変化します。生のカツオが残ったときは、保存を考えず、漬け焼きや煮物など、加熱調理をして早めに食べきりましょう!

カツオのおいしい健康レシピ3選

鮪や鰹でゴマの黄金焼き・にんにくポン酢
by putimikoさん
簡単で、おもてなしにもお勧めな◎レシピ!あっさりとした初鰹がごまと好相性。鉄やビタミンB12が豊富で、貧血予防に効果的!
カツオの竜田揚げ
by cureoさん
生姜が効いた竜田揚げ。初鰹に含まれる脂質は、秋鰹の1/10以下と低脂質。さっぱりとした味わいが楽しめます。
簡単 かつおのゴマ酢和え
by 朝まとさん
かつおに豊富な不飽和脂肪酸は血中コレステロールを抑え、血栓予防に働きます。生活習慣病対策にオススメの食材です。

カツオの栄養価

エネルギー
114 kcal
たんぱく質
25.8 g
脂質
0.5 g
炭水化物
0.1 g
食物繊維
0.0 g
食塩相当量
0.1 g
カリウム
430 mg
カルシウム
11 mg
マグネシウム
42 mg
リン
280 mg
1.9 mg
亜鉛
0.8 mg
ビタミンA
5 µg
ビタミンE
0.3 mg
ビタミンB1
0.13 mg
ビタミンB2
0.17 mg
ビタミンB6
0.76 mg
ビタミンB12
8.4 µg
葉酸
6 µg
ビタミンC
0 mg
ビタミンD
4.0 µg
コレステロール
60 mg
※可食部100gあたりの栄養価です

※2014年5月に配信した記事を一部再編集しています。

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士