「長ねぎ」は血行促進に効果抜群!

234

冬に大活躍の野菜「長ねぎ」

長ねぎは、根深ねぎとも呼ばれ、白い部分が長くなるように根元に土寄せをして栽培されています。土に埋まった部分が白く、外気にさらされた先端部分が青い葉となります。
寒さとともに甘みが増していく長ねぎは、薬味や鍋物にと冬に大活躍する野菜です!今回は長ねぎの栄養や、保存方法などについて詳しくご紹介します。

235

長ねぎの香気成分と健康パワー!

長ねぎの白い部分はビタミンCが多く含まれる淡色野菜、緑の部分はビタミンCに加え、β-カロテンやカルシウムなどの栄養が多く含まれる緑黄色野菜です。
独特の強い香りは「硫化アリル」という成分で、血行をよくして体を温め、食欲を増進する働きがあるといわれています。また、硫化アリルは体内でアリシンという物質になり、疲労回復に効果のあるビタミンB1の吸収を高めます。ビタミンB1は特に豚肉にたっぷり含まれているので、長ねぎと豚肉の組み合わせはスタミナ料理にオススメです!

選び方のポイント

長ねぎは、白い部分がかたくしっかりしていて、葉先までピンと張りがあり、葉の切り口や根元がみずみずしいものを選びましょう。白い部分が長く、葉の緑の部分との境目がはっきりしているものほど良品です。

調理のポイント

長ねぎを白髪のように細い千切りにした「白髪ねぎ」は、いろいろな料理のアクセントになります。作り方はまず、長ねぎの白い部分を4cm長さに切り、縦に切り目を入れて中の芯を取り除きます。次に外側だけを重ね、繊維に沿って千切りにし、水にさらしてから水気をきります。

236

水にさらすと歯ごたえがよくなりますが、有効成分の硫化アリルも水に溶けだしてしまうため、短時間に留めておきましょう。また、長ねぎの緑の部分は刻んで汁物の具などに使えますが、かたくて食べにくい場合はスープの出汁として使ったり、肉や魚の臭み消しにすると無駄になりません。

旬と保存の方法

長ねぎの旬は11~2月。
根つきのものは葉先が出るように新聞紙で包み、できるだけ根元を下にして立てて冷暗所で保存します。葉を切ったものは、乾燥しないようにポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。また、長ねぎは冷凍保存もできます。みじん切りや小口切りにしたものを小分けにして冷凍保存しておくと、薬味を使いたいときに便利です。

237

旬の長ねぎ、いろいろなレシピで美味しく味わってください!

長ねぎのおいしい健康レシピ3選

春キャベツの豚ロール たっぷりネギだれで
by とろままちゃんさん
旬の春キャベツを豚肉で巻いて、ボリュームアップ!豚肉は代謝に関わるビタミンB群が豊富。疲労回復に効果的です。
長ネギ大量消費 中華風 焼きネギ
by しじみ24さん
豚肉に豊富なビタミンB1には疲労回復効果が。葱に含まれるアリシンはその働きをUPしてくれるため、疲労回復にぴったりの組み合わせです!
揚げない 韓国・ヤンニョムチキン
by フォレストヒルさん
甘辛のタレがご飯と相性抜群!ヤンニョムとは韓国語で調味料や香辛料の総称をいいます。揚げずに焼いてカロリーをカット!

長ねぎの栄養価

エネルギー
34 kcal
たんぱく質
1.4 g
脂質
0.1 g
炭水化物
8.3 g
食物繊維
2.5 g
食塩相当量
0.0 g
カリウム
200 mg
カルシウム
36 mg
マグネシウム
13 mg
リン
27 mg
0.3 mg
亜鉛
0.3 mg
ビタミンA
7 µg
ビタミンE
0.2 mg
ビタミンB1
0.05 mg
ビタミンB2
0.04 mg
ビタミンB6
0.12 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
72 µg
ビタミンC
14 mg
ビタミンD
0.0 µg
コレステロール
2 mg
※可食部100gあたりの栄養価です
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士