読む、えいよう

豚肉のカロリーを抑える豆知識

257

なんとバラの脂質はヒレの18倍

豚肉は部位によって脂質の量が異なります。脂質の量が多い順番に、バラ、ロース・肩ロース、肩、モモ、ヒレ。脂質の一番少ないヒレを基準に考えると、バラの脂質はなんと、18倍。 豚肉は種類を適切に選んだり、調理にひと工夫を加えるだけでぐんとカロリーを抑えることができます。今回は、そんな豚肉をヘルシーに調理するコツをご紹介します。

※写真は左から、バラ、ロース、肩ロース、ヒレの順番に並んでいます。

料理に適した部位選び

ヒレがいくら低カロリーといっても、何にでもヒレを使うことをおすすめするわけではありません。料理には適した部位があるのです。例えば、煮込み料理には肩やバラ、しょうが焼きには肩ロース、豚カツならロースやヒレ。このほか、焼き豚ならロースやバラ、ステーキならモモやヒレが向いています。
どんなにヘルシーな料理でも、おいしくなければ続けることはできません。それぞれの料理に適した部位を選び、おいしく健康的な食事を楽しみましょう。

ひと手間でヘルシーに

脂身を取り除く

豚肉を上手に活用しながら、プラスひと手間で脂質がカットできます。その1つが脂身を取り除くこと。ロースや肩ロース、肩、モモといった脂身つきの肉は、調理前に白い脂身を包丁で切り落とすことで、15~40%の脂質がカットできます。

258

浮いた脂を取り除く

また、脂身が切り落とせないバラにもヘルシーにいただくコツがあります。 カレーを作るとき、具材を煮込んでルーを入れる直前の段階でいったん冷ましておきます。翌日、スープの表面に浮いた脂を取り除くことで脂質がカットできるのです。

259

いかがでしたか?豚肉をヘルシーにするコツを取り入れて、おいしい料理を楽しみましょう。

おいしい健康のヘルシー豚肉レシピ3選

キャベツ・にんじん・豚しゃぶ鍋
by 近藤幸子さん
豚もも薄切り肉をスープにさっとくぐらせて、野菜と一緒に食べるしゃぶしゃぶ。たれを控えれば塩分も抑えられます
豚の角煮風
by おいしい健康さん
豚バラ肉を使うことが多い角煮ですが、豚もも肉を使って脂質を抑えました。筋切りをすることで、やわらかく仕上がります
豚汁
by おいしい健康さん
豚肉はもも肉を使うことで脂質をカット。じゃがいも、にんじん、ごぼう、長ねぎが入っていて、野菜もしっかりとれます
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士