読む、えいよう

母の日は手作りスイーツをプレゼント

1634

2021年の母の日は、5月9日の日曜日。
母の日は、お母さんへの感謝の気持ちをあらわす日です。世界中の多くの国・地域で行われている行事で、起源には諸説あります。古くは17世紀から行われていたようです。
日本ではカーネーションを贈るのが一般的ですが、せっかくならばお母さんの好きなものを贈りたいという人も多いのではないでしょうか。 スイーツが大好きなお母さんには、手作りスイーツで感謝の気持ちを伝えませんか?

母の日に手作りスイーツのすすめ

甘くておいしいスイーツ。仕事や家事の息抜きに、おやつタイムを楽しんでいるお母さんもいることでしょう。
けれど、気になるのはカロリーや糖質。スイーツに含まれる“あぶら”や“砂糖”の量は、想像以上に多いことがあります。
お母さんのことを考えると、からだに優しいスイーツを贈りたいもの。
おいしい健康には、カロリーや糖質がなるべく控えめで、とびきりおいしいスイーツのレシピがたくさんあります。

おいしい健康のスイーツレシピ

紹介するレシピはどれも100kcal以下(1人分)。このうち「レアヨーグルトケーキ」のレシピは、食事管理ができる「おいしい健康」有料メンバーシップ以外の方もご覧いただけます。
5月9日までの限定公開なので、お見逃しなく。※こちらの限定公開は終了しています。

レアヨーグルトケーキ
by る~さん
1人分たったの93kcal。低カロリーのチーズケーキ。生クリームでコクを出すことで、チーズケーキの満足感はそのままに。ヨーグルトがベースなので、さっぱり食べられます
いちご蒸しパン
by 本間節子さん
お菓子研究家・本間節子さんに教わった、いちごが主役の蒸しパン。フライパンで蒸すので手軽です。家族一緒に作るのもいいですね
全粒粉ビスケット
by 本間節子さん
こちらもお菓子研究家・本間節子さんのレシピ。甘さ控えめなので、甘いものが苦手な方にもおすすめ。ザクザクとした食感と、穀物の風味が楽しめます

「読む、えいよう」をもっと読みたい

あわせて読みたい
意外と多い、お菓子の「あぶら」
賢く選んで食べる。チョコレートの栄養&レシピ

※2021年5月に配信した記事を一部再編集しています。

撮影:市原慶子 
スタイリング:しのざきたかこ
編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士
アプリをインストール