秋に食欲が増えるのはホント?

916

秋を迎え、さつまいもやごぼう、脂ののったさんまなど、旬のおいしい食べものが店頭に並び始めました。
この季節には、ついつい食べ過ぎてしまう、太りやすい、という声をよく聞きます。「秋には食欲が増える」と昔から言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。季節と食欲の関係をみていきましょう。

秋に食欲が増す理由

秋は旬のおいしいものが増えるだけでなく、気温や天候の変化も、食欲の増加に影響していることはご存知でしょうか。

理由1.夏季に落ちた食欲が秋になると回復する

なぜ夏になると、食欲が落ちるのでしょう。 

暑い季節、私たちの体は汗をかき、体の外に熱を放って体温を下げようとします。
体の内側から手足にむかって血液が流れますが、胃腸への血流量が減り、発汗によって塩分が失われます。このとき胃酸の量が少なくなり、食欲が落ちてしまうのです。
また、夏の暑さによって自律神経が乱れ、食欲が落ちることも。

秋は過ごしやすくなるため、体温が安定して胃酸の量が落ち着き、自律神経も整いやすくなることで、食欲が回復するのです。

理由2.涼しくなると、体温を保つためにより多くのエネルギーを必要とする

夏の暑さがやわらぎ、少しずつ涼しくなる秋。 私たち人間の体は、気温が下がると体温を保つために、エネルギーを余分に必要とします。
体がエネルギーを欲するために、自然と食欲が増すのです。

理由3.日が短くなると、食欲を抑えるセロトニンの分泌が減る

915

脳で分泌される神経伝達物質「セロトニン」をご存知ですか?
感情や気分、睡眠、食欲などをコントロールする物質で、分泌が減るとうつ病や食欲が増える要因になります。
このセロトニンは、日光に当たる時間に関わりが深く、日光に当たる時間が短いと分泌が少なくなる傾向にあります。秋は日が短くなるため、セロトニンの分泌が減り、食欲が増してしまうのです。

食物繊維と運動を

秋に食欲が増すのは、季節の変化に対応しようとする体の働きで、とても自然なことですが、減量中の方や食べ過ぎが気になる方は、ちょっと工夫してみましょう。

食物繊維の多い野菜やきのこ類は消化に時間がかかるために満腹を感じやすく、またよく噛んで食事を味わうことで、満腹中枢を刺激します。
日ごろから、食物繊維を積極的にとり、よく噛んで食べることで、食欲をコントロールできます。
食事以外にも、ランニングやウォーキングなどの適度な運動も大切です。食べすぎたときは、体を動かして余分なエネルギーを消費するように心がけましょう。

旬のおすすめレシピ

旬の食材を使った、食物繊維のとれるレシピです。

秋鮭ときのこのカンタン南蛮酢
by 北海道ぎょれんさん
きのこたっぷり、秋鮭をさっぱりおいしくいただけます。
甘辛がおいしい 鶏とさつまいもの旨煮
by RIESMOさん
旬のさつまいもを使って、食べごたえのある1品。
根菜たっぷり汁
by 糖尿病患者さんのための献立集さん
根菜の旨味がたっぷり。野菜は少し歯ごたえを残して。

※食事制限のある方はかかりつけの医師や管理栄養士にご相談のうえ、適切な食事管理を行ってください。

参考文献

Lambert GW1, Reid C, Kaye DM, Jennings GL, Esler MD. “Effect of sunlight and season on serotonin turnover in the brain”Lancet.2002 Dec 7;360(9348):1840-2.

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士