読む、えいよう

低価格で、しかも栄養が摂れる野菜のおかず

1346

梅雨が長かった影響や日照不足により、葉もの野菜を中心に、一部の野菜が高値になっています。

献立を考えてからスーパーマーケットに行くと、お目当ての野菜が思ったより高くて、急きょ献立の内容を変えなくてはいけないこともありますよね。

そんなときに、価格が安定している野菜を組み合わせたレシピが、パッと浮かんだらうれしいもの。

比較的価格が安定した野菜を使った、栄養が摂れるレシピを紹介します。

屋内で育つ野菜に注目

屋内で育てられることの多い豆苗・もやしなどは、価格が比較的安定しているといえます。これらの野菜を活用するのも手です。
豆苗はβカロテンやビタミンCなどの抗酸化ビタミンとエネルギー代謝に関わるビタミンB群が豊富。
もやしは豆もやしを選ぶと、たんぱく質や食物繊維がアップします。

きのこ類も、大半が屋内で栽培されているため、比較的価格が安定しています。
しいたけ・えのきたけ・まいたけ・しめじ・なめこなど、種類も豊富。
食物繊維が含まれていて、料理にうまみをプラスしてくれます。

野菜の乾物や冷凍野菜・カット野菜を活用

切り干し大根や干ししいたけに代表される野菜の乾物は、年間を通じて基本的に価格が変わらないもの。
水分が抜けている分、相対的に味わいが濃くなり、栄養価が上がるというメリットも。
水で戻さずに、和えものにするのもおすすめです。独特の歯ごたえが楽しめます。

また、ブロッコリー・さやいんげん・ベジタブルミックスなどの冷凍野菜も、基本的に価格は安定しています。
旬の時期に野菜を収穫し、調理・加工しているため、比較的栄養価が高いのもうれしいポイント。

冷凍野菜の多くはカット済みで、調理の手間をも省いてくれます。冷凍前に加熱処理が施されているので、パッケージを確認し、調理時に加熱しすぎないことが、おいしく仕上げるコツ。
カット野菜も同様に、価格が変動しにくいものの1つ。葉もの野菜が高騰しているときは、カットレタスや千切りキャベツなどを取り入れるのもおすすめです。

コーン缶やトマト缶詰も

野菜の缶詰も、価格が変動しにくい食材。コーン缶やトマト缶を取り入れてみるのもおすすめです。
すでに調理しやすいように加工されているものが多いので、缶をあけたらすぐに調理ができて重宝します。
冷凍野菜と同様に収穫後すぐに加工して詰められているため、新鮮な野菜に比べて栄養価がぐっと落ちるということはありません。
また、旬の時期に加工されているので、旬ではない時季に流通する野菜よりも、栄養価が高い傾向にはあります。その点でも、安心して取り入れられますね。

低価格野菜を使ったレシピ

お財布にやさしい、比較的安価な野菜を使ったレシピを紹介します。今日の食卓に、いかがでしょうか?

■豆苗を使った主菜レシピ

レンジで簡単 豚肉と豆苗のレモン蒸し
by おいしい健康さん
豆苗を1人分60g使った、カロリー控えめなのに満足感のある一皿

■もやしのシンプルな副菜

もやし酢炒め さっぱり常備菜
by けいこさん娘さん
塩を使わず、にんにくやとうがらしでアクセントを。あと1品欲しいときにも

■保存性の高いさば缶と切り干し大根で

さば缶と切り干しのお手軽煮物
by おいしい健康さん
不足しやすい食物繊維やカルシウムが補える、うれしいレシピ

あわせてチェック
[栄養豊富!もやしのおすすめレシピ3選](https://oishi-kenko.com/articles/foodstuff_moyashi}

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士