文字サイズ

チキンのトマト煮

管理栄養士のおすすめコメント

鶏肉とトマトのうまみがぎゅっと凝縮した煮込み料理です。煮込めば煮込むほどコクが出ます。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

鶏もも肉(皮なし)
80 g
A塩
0.4 g
A黒こしょう
少々
Aナツメグ
小さじ1/4 (0.5 g)
小麦粉
適量
玉ねぎ
50 g
0.2 g
なす
40 g
マッシュルーム
20 g
オリーブ油
小さじ1/2 (2 g)
にんにく
1 g
とうがらし(小口切り)
少々
白ワイン
大さじ1 (15 g)
B水
大さじ1 (15 g)
Bカットトマト缶(食塩不使用)
100 g
B砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
Bローリエ
少々
Bローズマリー
1 g
小さじ1/6 (1 g)
パセリごはん
 
麦ごはん(押し麦3割)
140 g
Cパセリ(みじん切り)
1 g
C塩
0.2 g
Cバター
小さじ1 (4 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

鶏肉はペーパータオルで水けをふき取ってAで下味をつけ、5分ほどおいたら薄力粉をまぶします。

2

玉ねぎとにんにくは薄切り、なすは1cm幅の斜め薄切りにします。マッシュルームは5mm幅の薄切りにします。

3

冷たい状態の鍋に、オリーブ油とにんにく、とうがらしを入れ、香りが出るまで弱火で炒めます。

4

鍋に鶏肉を入れ、中火で両面に焼き色をつけます。鶏肉から出てきた油はペーパータオルで取り除きます。

5

鶏肉に焼き色がついたら、一度取り出します。同じ鍋でなすを炒め、油がなじんできたら一度取り出します。

6

同じ鍋に玉ねぎ、塩を入れて炒めます。透明感が出てきたら、マッシュルームを入れ、炒め合わせます。

7

取り出しておいた鶏肉となすを鍋に戻し、白ワインを入れて煮込みます。沸騰したらBを入れ、蓋をして中火で5分煮込みます。

8

塩を加えたら鍋止めし、味をなじませます。

9

ご飯とCを混ぜ合わせたら器に盛り、上から8をかけて出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/15435

コンソメカレーれんこんポテト

管理栄養士のおすすめコメント

レンジで加熱するだけの簡単副菜。カレー味なので、アクセントが欲しい時の一品としておすすめです。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

れんこん
40 g
じゃがいも
40 g
A洋風スープの素
小さじ1/3 (1 g)
Aカレー粉
小さじ1/4 (0.5 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

れんこんは一口大の乱切りにし、水にさらしてアクを抜きます。

2

じゃがいもは皮を剥き、一口大に切ります。耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱します。※加熱時間は2人分の目安

3

れんこんの水けをきって耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱します。

4

3にじゃがいもを入れ、熱いうちに洋風スープの素を入れてよく混ぜ合わせます。

5

カレー粉を入れて混ぜたら、出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/15433

ズッキーニの簡単カルパッチョ風サラダ

管理栄養士のおすすめコメント

ズッキーニはサラダとして食べてもおいしくいただけます。簡単で、見た目も良く、おもてなし料理にも最適です。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

ズッキーニ
60 g
少々 (0.1 g)
A塩
少々 (0.1 g)
Aこしょう
少々
A粉チーズ
大さじ1/2 (3 g)
A粗びき黒こしょう
少々
Aオリーブ油
小さじ1/2 (2 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

ズッキーニを3mm厚さの輪切りにします。

2

皿に塩を振り、その上にズッキーニを並べます。

3

Aをかけたら出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/15484