消化に良い豚汁

消化に良い豚汁
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

具材を小さめに切ることで、スプーンでも食べやすい豚汁に。豚肉をごま油で炒めることで風味豊かに仕上がります。

栄養価(1人分)

カルシウム
31mg
マグネシウム
29mg
リン
132mg
0.8mg
亜鉛
1.0mg
ビタミンA
140µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.42mg
ビタミンB2
0.13mg
ビタミンB6
0.20mg
ビタミンB12
0.6µg
葉酸
30µg
ビタミンC
6mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

具材として定番のこんにゃくやごぼうを使わずに、消化にやさしい豚汁に仕上げました。具材もやわらかいので、咀嚼に不安のある方にもおすすめです。豚肉をごま油で炒めて風味とコクをプラス。すべての具材を小さめのコロコロサイズにすることで、スプーンでも食べられるので、箸を使うのがつらい時やお子さんにも食べやすい汁物です。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

4人分が作りやすい分量です

豚もも肉薄切り肉
160 g
160.0 g
にんじん
80 g
2/3本 (89 g)
大根 旬
120 g
4.5cm (140 g)
長ねぎ 旬
40 g
1/2本 (67 g)
ごま油
大さじ2/3 (8 g)
8.0 g
みそ
大さじ2 (36 g)
36.0 g
だし汁
600 ml
600.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1
84703

豚肉は1cm幅に切り、にんじんと大根は1cmの角切りにします。長ねぎは1cm幅に切ります。

2
84705

鍋にごま油を中火で熱し、豚肉を炒めます。

3
84706

豚肉の色が変わったら、にんじんと大根を加えて炒めます。

4

だし汁を加え、ひと煮立ちしたら8分ほど煮ます。

5
84708

長ねぎを加えてしんなりするまで煮て、みそを溶き入れて出来上がりです。

6

※最後に片栗粉(4g/人)と水(7g/人)でとろみをつけると飲み込みやすくなります。

最近見たレシピ