桜エビと獅子唐の炒め煮

桜エビと獅子唐の炒め煮
by ちーちゃん

管理栄養士のおすすめコメント

桜えびの食感と香ばしさが後をひく優しい味の炒め煮。あとひくおいしさで、自然と箸がのびます。

栄養価(1人分)

カルシウム
64mg
マグネシウム
17mg
リン
49mg
0.3mg
亜鉛
0.3mg
ビタミンA
13µg
ビタミンE
0.6mg
ビタミンB1
0.03mg
ビタミンB2
0.03mg
ビタミンB6
0.13mg
ビタミンB12
0.3µg
葉酸
17µg
ビタミンC
17mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

ちーちゃんさんのレシピのエピソード

甘辛く味付けたししとうがらしは、あっさりとしていて口内炎の時にも優しく食べられました。
小さめの桜えびを使い、ていねいに炒めることで、桜えびの香ばしさを引き出し、口内の調子が悪いときでも食べやすくなります。

読み込み中 読み込み中

材料

ししとうがらし 旬
30 g
11本 (33 g)
桜えび
3 g
3.0 g
しょうゆ
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
0.1 g
0.1 g
ごま油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ししとうがらしはヘタを切り落とし、縦に半分に切ります。種を取り除き、斜めに半分に切ります。

2

桜えびをフライパンで香りが立つまで中火で炒めます。

フッ素樹脂加工のフライパンを使うと焦げにくくなります。

3

2のフライパンにししとうがらしを加え炒め、しょうゆと塩で味付けします。仕上げにごま油をかけて出来上がりです。

最近見たレシピ