緑黄色野菜とりんごのジュース 緑黄色野菜とりんごのジュース

緑黄色野菜とりんごのジュース

  • エネルギー 123 kcal
  • 食塩相当量 0.1 g

緑黄色野菜とりんごのジュース

  • エネルギー 123 kcal
  • 食塩相当量 0.1 g
川口健太郎
15分以内

素材の味を生かした身体にやさしいジュース。ミキサー後にこすことで、消化時の胃腸への負担を減らし、さらっとした口当たりに。

川口健太郎さんのレシピのエピソード

抗がん剤の副作用で食欲がないときによく作っていました。野菜を食べて免疫力を高めたいという思いから、できるだけ野菜を多めに。野菜だけだと苦味が強いので、りんごを加えて飲みやすくしています。ほうれん草の代わりに小松菜や水菜もおすすめです。こした後の残りカスは、ヨーグルトと一緒に食べています。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
123 kcal
食塩相当量
0.1 g
たんぱく質
2.9 g
脂質
1.0 g
炭水化物
33.0 g
糖質
25.7 g
食物繊維
7.3 g
カリウム
1050 mg
カルシウム
72 mg
マグネシウム
83 mg
リン
81 mg
2.3 mg
亜鉛
1.0 mg
コレステロール
0 mg
ビタミンB1
0.18 mg
ビタミンB2
0.25 mg
ビタミンC
48 mg
ビタミンB6
0.26 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
227 µg
ビタミンA
785 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンE
2.9 mg
エネルギー
123 kcal
食塩相当量
0.1 g
たんぱく質
2.9 g
脂質
1.0 g
炭水化物
33.0 g
糖質
25.7 g
食物繊維
7.3 g
カリウム
1050 mg
カルシウム
72 mg
マグネシウム
83 mg
リン
81 mg
2.3 mg
亜鉛
1.0 mg
コレステロール
0 mg
ビタミンB1
0.18 mg
ビタミンB2
0.25 mg
ビタミンC
48 mg
ビタミンB6
0.26 mg
ビタミンB12
0.0 µg
葉酸
227 µg
ビタミンA
785 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンE
2.9 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • ほうれん草
    100 g
  • にんじん
    60 g
  • りんご
    150 g
  • 150 ml
  • ほうれん草
    1/2束 (110 g)
  • にんじん
    62 g
  • りんご
    160 g
  • 150.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ほうれん草はたっぷりの湯で30秒ほどゆで、冷水に取ります。水けを絞り、4cmの長さに切ります。
  • 2
    にんじんは皮ごと半月切り、りんごは皮ごといちょう切りにします。
    にんじんが大きい場合は、いちょう切りにします。
  • 3
    ミキサーに全ての材料を入れて攪拌し、茶こしでこします。
    上から押したり絞ったりせず、残りカスに少し水分が残る程度にこします。
  • 4
    ※栄養価は食材の使用量をそのまま計算しています。こしているため、表記の栄養価より少ない可能性があります。

  • このレシピは、以下の取り組みによって公開されています

    がんサバイバーキッチン
    みんなの寄付レシピとは、レシピを投稿することで疾患を抱える方を支援する取り組みです。 実体験から生まれたレシピを通じて、同じ疾患で悩んでいる方を助け、素敵な発見に役立てたいという思いから始まりました。 あなたのレシピが多くの人に届くように、投稿してみませんか?

    このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール