トマトの冷製パスタ

トマトの冷製パスタ
by おいしい健康 管理栄養士

管理栄養士のおすすめコメント

バジルの香りとトマトの酸味がきいた、ひんやりおいしい冷製パスタ。暑い日や食欲がない時でもさっぱりと食べられます。

栄養価(1人分)

カルシウム
128mg
マグネシウム
53mg
リン
198mg
1.2mg
亜鉛
1.9mg
ビタミンA
85µg
ビタミンE
2.3mg
ビタミンB1
0.20mg
ビタミンB2
0.13mg
ビタミンB6
0.21mg
ビタミンB12
0.5µg
葉酸
47µg
ビタミンC
23mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

夏にぴったりの冷製パスタ。トマトを湯むきしてまるごとソースに。バジルは手でちぎり、トマトはフォークで潰すなど、包丁を使わずに作れて簡単です。モッツァレラチーズをプラスして、たんぱく質とエネルギーをアップ。味を感じにくい時や食欲がない時でもトマトの酸味でさっぱりと食べられます。

読み込み中 読み込み中

材料

トマト 旬
150 g
1個 (150 g)
バジル 旬
3 g
5枚 (3.8 g)
カペリーニ
60 g
60.0 g
A白ワインビネガー(または酢)
7.5 g
7.5 g
Aにんにく(すりおろし) 旬
1 g
1/4片 (1.1 g)
A塩
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
Aこしょう
少々
0.0 g
オリーブ油
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
モッツァレラチーズ(チェリータイプ)
30 g
30.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

トマトはフォークでヘタをくり抜き、バジルは手で小さくちぎります。

2

鍋にたっぷりの湯を沸かします。トマトを20秒ほど熱湯にくぐらせ、冷水に取って皮をむきます。

3

皮をむいたトマトをボウルに入れ、フォークで潰します。

4

水の量に対して1%の塩(分量外)を加え、カペリーニを表示時間通りゆでます。

水1Lに対して塩大さじ約1/2が目安です。

5

小さめのボウルにAを入れて混ぜ合わせ、かき混ぜながらボウルの縁からオリーブ油を少しずつ入れ、よく混ぜてなじませます。

6

カペリーニをざるにあげ、水に取って冷ましたら、水けをよく切ります。

7

5にカペリーニとモッツァレラチーズを加え、軽くあえて器に盛ります。

最近見たレシピ