読む、えいよう

「1週間あんしん献立だより」5月のおすすめ献立

2408

新緑がまぶしい5月。爽やかだけれど何かと忙しい、そんな季節にうれしい「カット・冷凍野菜を上手に活用献立」をご紹介します。

コンビニやスーパーなどでよく目にするカット野菜や冷凍野菜ですが、さまざまな種類の野菜が使いやすい形で売られています。洗わずそのまま使用できたり、切る手間も省くことができ、使いやすさにおいても優れています。

そんなカット・冷凍野菜を上手に使いこなした1週間の献立です。

おいしい健康の1週間あんしん献立では、筑波大学附属病院監修のもと、糖尿病患者さん向けの1週間分の夕食を提案しています。 1日のエネルギー摂取量が1600kcalの方に合わせた献立を、月替りでお届けします。

糖尿病ではない方にも“健康的な食事”として、楽しんでいただける内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

5月の1週間献立

テーマ/カット・冷凍野菜を上手に活用献立

土曜日 包丁いらず トマトクリームパスタ献立
日曜日 食べ応え満点 ごぼうの肉だんご焼き献立
月曜日 カット野菜で簡単 チーズタッカルビ献立
火曜日 野菜が200g以上摂れる 和風献立
水曜日 さばみそ煮缶で簡単 のっけ丼が主役の献立
木曜日 旬の食材と冷凍野菜を活用した献立
金曜日 冷凍・カット野菜で簡単 中華風献立  

今回のピックアップ献立

今回ご紹介するのは、土曜日の包丁いらず トマトクリームパスタ献立 です。

メインのパスタは冷凍食材を使うので下処理が不要。クリームソースの材料を電子レンジにかけて、ゆでたパスタとあえるだけで完成です。

副菜には冷凍いんげんを使ったカレー炒めと、にんじんをピーラーでスライスしたリボンサラダを合わせました。

主菜●冷凍食材で えびとほうれん草のトマトクリームパスタ

冷凍ほうれん草、冷凍むきえび、トマト水煮(カット)を使った包丁いらずの簡単パスタです。

通常、クリームパスタソースには生クリームを使うことが多いのですが、今回は牛乳を使うことで脂質を抑えました。バターでコクを出しているので、物足りなさを感じることはありません。 また、パスタ料理は塩分が高くなりがちですが、にんにくをアクセントにすることで塩分も抑えました。

電子レンジ調理の簡単レシピなので、リモートランチにもおすすめです。

副菜●冷凍いんげんときくらげのカレー炒め

冷凍食材は、あと一品欲しい時に便利な食材。おいしく食べるコツは、強火でさっと炒めることです。

乾物きくらげも、「包丁いらず」簡単レシピの担い手。コリコリした食感なので咀嚼(そしゃく)回数を増やすことにもつながります。

スパイシーなカレー粉を使うことで、塩分控えめでもおいしくいただくことができます。

副菜●ツナとにんじんのリボンサラダ

ピーラーでスライスしたにんじんに、ツナを合わせた簡単サラダです。 野菜だけでなく、たんぱく質も補えるのがポイント。

スライスしたにんじんはゆでずに塩揉みをすることで、ほどよい食感を残します。 ツナとあえてから時間をおくと水っぽくなりやすいので、食べる直前に仕上げるのがおすすめです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。
筑波大学附属病院監修 糖尿病患者さんのための1週間あんしん献立

*この記事内の献立は、1食のエネルギー摂取量を500〜600kcal、食塩相当量を2.5g以下(1週間平均で1食あたり)、食物繊維を7g以上(1週間平均で1食あたり)の基準で作成しています。

「読む、えいよう」をもっと読みたい

あわせて読みたい
「1週間あんしん献立だより」4月のおすすめ献立 part2
母の日は手作りスイーツをプレゼント

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士
撮影:寺澤太郎
アプリをインストール