163

夏から秋にかけては、気温の変化や夏の疲れが出やすく、胃腸の不調、身体の重だるさ、気分の不調、免疫力の低下など、さまざまな症状を引き起こす可能性が高いのです。そんな季節の不調が起きやすいときこそ、おすすめしたいのがカレーです!
栄養バランスが良く、カレーに入っているスパイスにたくさんの美容効果が期待できるカレーは、まさに体の内側からキレイになれるメニューです。

撮影/邑口京一郎(静物)、調理・スタイリスト/阿部まゆこ    

Part1. ホントにすごい!キレイに効くスパイスの力

教えてくれたのは…大平美弥さん

62
<PROFILE>
スパイスライフアドバイザー。Miya Spice Salon主宰。スパイスの楽しさを広めるため、講演、テレビ、ラジオ出演、レシピ作成、スパイス&ハーブティーの監修なども行う。
オフィシャルHP「Miya Spice Salon」
ブログ「みやぞう天国」

「インドに美人が多いのは、スパイスの美容効果が高いからです」

「世界的に美人が多いとされているインド。そのキレイの秘密はスパイスのおかげだと言われています。まずインドの女性は髪がきれい。洗髪の回数はそれほど多くないのになぜ美髪かというと、昔から、スパイスで煎じたお湯で頭皮をキレイにして、髪に潤いをもたせる習慣があるからなんです。またスパイスはどれも胃腸のよい効果があるので、インドの女性は内臓がキレイ。それが美肌につながるのです。
 日本は国土が狭いこともあって、あまりスパイスの文化が進まなかったと言われていますが、近年食生活の変化もあって、スパイスの役割は大きくなってきています。スパイスを活用することによって、塩分や砂糖を減らすことができてダイエットにつながるし、ターメリックやペッパー類などは代謝を上げる効果が高い。また抗酸化作用、抗炎症作用もあります。特にカレーには、さまざまなスパイスがブレンドされてさらに相乗効果が期待でき、冷え性や末梢循環に効果があったり、食欲を増進させたり、整腸作用、発汗作用があったりなど、いいことだらけ。さらに香りにはストレス抑制、モチベーションの維持も認められているので、現代女性にはまさにピッタリなのです」