梅にゅうめん

梅にゅうめん
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

梅の香りが食欲をそそる、さっぱりとしたにゅうめん。食欲がないときや胃腸が弱っているときに。

栄養価(1人分)

カルシウム
38mg
マグネシウム
24mg
リン
125mg
1.1mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
49µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.06mg
ビタミンB2
0.18mg
ビタミンB6
0.06mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
21µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.7µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

梅にゅうめんは、さっぱりとして喉ごしもよく、食欲不振のときも食べやすい一品。たんぱく質もしっかりとれます。梅干しに火を通すことで、さっぱり感はそのままに、ほどよい酸味になり、口内炎のときでも安心して食べられます。あたたかい麺料理は胃腸に負担をかけにくく、水分もとれるので、胃腸が弱っているときやお腹がゆるいときにおすすめです。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

そうめん(乾)
100 g
100.0 g
卵(Lサイズ)
60 g
1個 (71 g)
梅干し
12 g
1.5個 (15 g)
しょうゆ
大さじ2 (36 g)
36.0 g
みりん
大さじ1と1/3 (24 g)
24.0 g
だし汁
500 ml
500.0 g
かまぼこ
20 g
20.0 g
みつば
3 g
3.3 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

そうめんは袋の表記通りの時間でゆでます。

2

鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、ほぐした梅干しを入れて加熱します。

3

沸騰したら火を弱め、溶き卵を回し入れます。卵に火が通ったら火を止めます。

4
72358

器にそうめんを盛り、3のつゆを注ぎ、かまぼこ、みつばをのせて出来上がりです。

5

※塩分量は、つゆを半分残した場合の量で計算しています。

最近見たレシピ