読む、えいよう

郷土料理を自宅で楽しみませんか?

1409

新型コロナウイルス感染症によって、落ち込んだ国内旅行の需要を促すための支援策「Go To トラベル キャンペーン」が始まっています。

これを機に、久しぶりに国内旅行を計画している方もいるのではないでしょうか?
訪れた土地の郷土料理を味わうというのも、旅行の楽しみのひとつですよね。
「旅行はまだ控えたい」「旅行に行けない」という方は、自宅で郷土料理を作って、旅行気分を味わってみませんか? 健康的な郷土料理のレシピを紹介します。

北海道のチャンチャン焼き

まずは、北海道の石狩地方が発祥といわれる、チャンチャン焼き。
漁師さんたちがドラム缶から鉄板を作り、釣った鮭を焼いて食べていたことから、家庭に広がったといわれています。
鮭とキャベツなどの野菜を鉄板で蒸し焼きにして、みそで味つけした料理。
「チャンチャン」という名前の由来は、「ちゃっちゃと作れる」「父ちゃんが作る」「焼くときに鉄板とヘラがあたってチャンチャンと音がする」など、諸説あります。
鮭は秋から冬にかけてが旬。旬の野菜とともに、いただきましょう。

■ホイル焼きにして作りやすく

鮭のホイル焼きチャンチャン焼き風
by ますこちゃん!さん
油を使わずに、脂質がおさえめなチャンチャン焼き

新潟県の郷土料理 きりざい

新潟県の魚沼地方で食べられている郷土料理、きりざい。「きり」は切ること、「ざい」は野菜の菜からきています。
野菜をこまかく切って、納豆と混ぜ合わせた料理です。
肉や魚があまり食べられなかった時代、貴重なたんぱく源である納豆をおいしく食べるため、 野菜や漬物を刻んで量を増やしていたといわれています。

■にんじんや野沢菜漬けといっしょに

きりざい納豆
by くらりんこさん
たんぱく質やビタミンが含まれ、納豆が苦手な人でも食べやすい

鹿児島県の郷土料理 鶏飯

鹿児島県の奄美地域を代表する郷土料理、鶏飯。 奄美群島が薩摩藩の支配下にあった時代、役人へのもてなしとして、当時は貴重だった鶏を使った料理を出したのが始まりだといわれています。
ほぐした鶏肉、干ししいたけ、錦糸卵、パパイヤのみそ漬け、みかんの皮などを白いごはんの上にのせ、鶏がらスープをかけて食べます。
寒い日にはからだが温まります。食欲がないときにもおすすめです。

■鶏ささみを使って食べやすく

鶏飯
by ぎまーるさん
手に入りやすい食材のみで出来上がります

参考/うちの郷土料理(農林水産省)

あわせてチェック
秋の味覚を満喫する、炊き込みご飯
しょうがで冷え性改善!体温めおすすめレシピ

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士