読む、えいよう

夏疲れに、野菜たっぷりの“おみそ汁”を

1325

食欲が落ちたり、冷たいものばかり食べてしまったり、暑い時期は栄養バランスを崩しやすいものです。暑さや疲れで、そもそも食事を作る気分になれないときもあるでしょう。

食事が不規則になると、疲れがとれにくくなるなど、からだの不調を招きかねません。

そんなとき、調理の手間が少なく栄養が摂りやすい食事があったらいいなと思いませんか?

日本の食卓の定番「みそ汁」は、まさにそれ。誰でも作ることができ、栄養を補える食事です。

みそ汁がからだにいいと言われている理由

みそ汁がからだにいいということは、なんとなく知っているかもしれません。
具体的にどのようないいことがあるのでしょうか?

代表的な発酵食品。腸やからだの健康を支えます

みそは、しょうゆや酢、納豆、漬物、ヨーグルトなどと同様に、日本で古くから親しまれている発酵食品のひとつ。 みそには乳酸菌をはじめさまざまな細菌が含まれ、腸の健康に深く関わります。

みそ汁として毎日摂ることで、腸内環境を整え、腸のみならず、からだも健やかに保ちます。

みそ汁の具で野菜をたっぷり補給

みそ自体の栄養に加えて、みそ汁の魅力といえば、幅広い具材と合わせやすいことです。

みそ汁の具の定番といえば、玉ねぎやキャベツ、なす、にんじん、オクラなどの野菜や、きのこ類、海藻類など。ビタミンやミネラル、食物繊維など、栄養素を幅広く摂ることができます。
また、トマトやブロッコリー、アスパラなどの洋食に用いることの多い野菜も、みそ汁によく合います。

どんな野菜でも合いおいしく仕上げることができるのが、みそ汁の特徴なのです。

具は肉や魚など、多彩です

具は野菜ばかりではありません。

豆腐や油揚げ、豚汁では豚肉を、アサリやシジミ、サバ缶などもみそ汁の具として親しまれています。

大豆製品や肉類、魚介類は、良質なたんぱく質の供給源。野菜の栄養素とともにからだに役立つ成分を摂ることができるのです。

気になるのは塩分。食べ方を工夫して

ただ、みそ汁で気になるのはその塩分量です。

みそ汁1杯の塩分量は約1.5g(※1)。健康な成人の塩分摂取目標量は、男性7.5g未満、女性6.5g未満(※2)とされています。
塩分が気になるときは、野菜や豆腐などの具を多くして、汁を減らしてみましょう。満足感はそのままに、手軽に塩分を抑えることができます。また、お椀を小ぶりのものに替えるだけでも減塩になります。

ちなみに、おいしい健康で開発・監修しているレシピでは、汁量130ml、みそは小さじ1で作っています。そこまで「薄い」と感じず、1杯あたりの食塩相当量を1g程度におさえることができます。ぜひお試しください。

塩分とカリウムを含むみそ汁は、暑い時期こそぜひ

熱中症や脱水の予防は、水分補給はもちろん、汗で失われやすい塩分や体内の水分量を調節するカリウムなどのミネラルが欠かせません。

みそ汁は、みそで塩分が補給でき、さらに具の野菜からカリウムを摂ることができます。熱中症が気になる時期にもみそ汁はおすすめなのです。

暑い季節におすすめのみそ汁レシピ

■なす、ミニトマト、オクラが入った色鮮やかなみそ汁
エネルギー95kcal 食塩相当量1.1g

ごろごろ夏野菜のおかず味噌汁
by おいしい健康さん
ベーコンでうまみとたんぱく質もアップ。食塩相当量は1.1gにおさえて減塩にも。

■かぼちゃのあまみが広がります
エネルギー63kcal 食塩相当量0.9g

かぼちゃとねぎのみそ汁
by おいしい健康さん
具はかぼちゃと長ねぎだけ。シンプルなみそ汁レシピ

■旬の「冬瓜」を味わえる
エネルギー21kcal 食塩相当量1.0g

夏においしい 冬瓜のお味噌汁
by だっくまんさん
冬瓜は9割以上が水分でエネルギーが低い野菜。カリウムは比較的多く含まれるので、暑い時期こそおすすめ。


※1 文部科学省「日本食品成分表2015年版(第七訂)」 ※2 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士