手作り豆乳ヨーグルト (はちみつ・黒ごまきな粉入り)

手作り豆乳ヨーグルト (はちみつ・黒ごまきな粉入り)
by 優璃

管理栄養士のおすすめコメント

手作りの豆乳ヨーグルトにはちみつと黒ごまきな粉を合わせて。黒ごまときな粉が、ヨーグルトの酸味を和らげてくれます。

栄養価(1人分)

カルシウム
74mg
マグネシウム
71mg
リン
142mg
3.2mg
亜鉛
1.1mg
ビタミンA
0µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.06mg
ビタミンB6
0.16mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
70µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

優璃さんのレシピのエピソード

抗がん剤 (EC療法) 中は、味覚障害に悩まされ、口の中が常に金属の味で甘味以外は感じられませんでした。そこでケフィアの種菌を購入し、豆乳で発酵させ、天然はちみつと黒ごまきな粉と一緒に食べていました。また、国産キウイ、有機バナナなど季節の果物と一緒に組み合わせ食べることもありました。※感染症対策のため、生ものや雑菌が繁殖しやすい食材、発酵食品などに注意が必要な場合は主治医にご相談の上ご利用下さい。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

5人分で作りやすい量です

使用量

買物量(目安)

ホームメイドケフィア(ケフィアヨーグルトの種菌)
10 g
10 g
豆乳(無調整)
1000 ml
1000.0 g
はちみつ
100 g
100.0 g
黒すりごま
大さじ2 (15 g)
15.0 g
きな粉
20 g
20.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

空き瓶と蓋を煮沸消毒します。

沸騰した湯に瓶と蓋を入れて、湯をグラグラさせた状態で5分ほど消毒します。

2

豆乳のパックにケフィアの種菌を入れ、よく混ぜます。

3

2を1の空き瓶に移します。鍋に湯を入れ、そこにヨーグルトの瓶を入れます。

4

お湯が一定温度(25℃程度)になるように保ち、24時間ほど置きます。

5

ヨーグルトができたら、冷ましてから冷蔵庫で保存します。

6

※家にある瓶で作ることも可能ですが、ヨーグルトメーカー/発酵器等を使うと簡単に作れます。

最近見たレシピ