読む、えいよう

いざという時に知っておきたい「自宅療養レシピ」

2022

風邪など軽度の感染症で自宅安静・回復時に役立つ、おかゆやうどんなど消化のいいレシピを紹介します。
自分用にも、家族用にも手軽に作れるような、調理の手間が少ないものを集めました。
胃腸に負担をかけにくいもの、少しでも口にしやすいものばかりです。

いざという時のために、おかゆやうどんなどレトルト品や冷凍品の材料をストックしておくのもおすすめです。
※新型コロナウイルス感染時の食事を推奨するものではありません。

おいしい健康おすすめの「自宅療養レシピ」

サラダチキンで簡単 中華風鶏粥
コンビニでも手に入る、市販のおかゆとサラダチキンを使った時短レシピ。手軽にエネルギーとたんぱく質を補給でき、体が疲れているときにも、すぐできます。

豆腐とろろ丼
冷凍のとろろを使った、火を使わずにサッと作れるお手軽レシピです。とろろと豆腐、ねぎ、かつお節をご飯にのせ、めんつゆをかければ完成! 豆腐でたんぱく質もとれます。

かきたまうどん
やわらかくコトコトと煮込んだうどんを、卵でふんわりとじます。しっかりめの味付けで味覚が感じにくいときでも味を感じ取りやすく、さらにやわらかいので、咀しゃくがつらいときにもおすすめの一品です。

梅にゅうめん
のどごしのよいそうめんを、梅干しと卵などの具材と合わせた胃に優しい温かな一品。胃腸に負担をかけにくく、水分もとれるので、胃腸が弱っているときやお腹がゆるいときにおすすめです。

甘酒ヨーグルト
のどの痛みや熱でつらい時に。のどを通りやすい穏やかな甘さのドリンクで栄養補給しましょう。消化に優しい甘酒とヨーグルトを混ぜるだけで、簡単にエネルギーとたんぱく質が補えます。

「読む、えいよう」をもっと読みたい

あわせて読みたい
熱中症や脱水のもしものときに。経口補水液の作り方
火を使わない、しんどい日の簡単ごはん

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士
アプリをインストール