小田真規子さんの新しいサカナのおかず 小田真規子さんの新しいサカナのおかず

01

マンネリ脱出!新しいサカナのおかず

魚料理というと、「焼き魚・煮魚」ばかりになりがちではありませんか? だからといって、どうレパートリーを増やしたらいいかわからないし、難しそう。そんなお悩みにお応えすべく、作りやすくて、おいしい魚料理を小田真規子さんに教えてもらいました。切り方、組み合わせ方、味付けの仕方をほんの少し変えるだけで、いつもの魚料理が、ひと味違ったおいしさに。
魚には血圧やコレステロールを下げることが期待されるDHAやEPAなども含まれるので、ぜひご家庭の定番メニューとしてどうぞ。
撮影/広瀬貴子 スタイリング/しのざきたかこ

脱マンネリ!新しいサカナのおかず 脱マンネリ!新しいサカナのおかず

教えてくれたひと

小田真規子さん 小田真規子さん
小田真規子さん

料理研究家。栄養士。女子栄養大学短期大学部卒業。香川調理製菓専門学校で製菓を学ぶ。1998年に独立し、スタジオナッツを設立。現在は雑誌、書籍、テレビなどで活躍。誰もが作りやすく、健康に配慮した料理がモットー。近著に『今日から料理を始める人の61レシピ』(KADOKAWA)がある。

シズルそそる 豆腐料理 シズルそそる 豆腐料理
02

シズルそそる 豆腐料理

「豆腐」って体に良さそうだけど、メインとしては物足りない!? いえいえ、そんなことはありません。豆腐は合わせ方次第で、立派な主役になれます。また、いつもの食事で肉や魚、卵のような動物性のたんぱく質ばかりではなく、植物性のたんぱく質もしっかり摂りたいところ。そこで今回は、肉や魚ではなく、豆腐がどーんとメインの料理をご紹介します。

撮影/寺澤太郎

豆腐料理の3つのポイント

  • 1 たんぱく質が摂れる
  • 2 カルシウムが摂れる
  • 3 安価で手軽
おいしい健康 管理栄養士

1・2.不足しがちな植物性たんぱく質やカルシウムが摂れます。
3.豆腐は安価でかつ長期間保存もできるので、メインとなる豆腐料理を知っていると便利ですよ。また生で食べられるので、加熱をしなくても食べられたり、中まで火が通っているかを気にしなくていいところも嬉しいポイントです。

おいしい健康 管理栄養士

おいしい健康の編集部から

魚のレパートリーと言えば、”照り焼き、ソテー、お刺身”という方も多いのではないでしょうか?魚料理は健康にいいから食べたいけれど、ちょっとハードルが高いのかもしれません。そこで今回小田先生にお願いしたのは、満足感があって、子どもから大人まで楽しめる魚料理。いつもと違った味わいに虜になる人も多いはず。また豆腐料理特集には、動物性たんぱく質ばかりでなく、植物性たんぱく質もバランス良く食べて欲しいという、管理栄養士の願いを込めた料理です。ぜひお試しあれ。
次号
小田真規子さんの冷凍調理のススメ
バックナンバーはこちら

今月のお届けレシピ

今の気分に合った、
旬の食材を使ったレシピが大集合

こちらもおすすめ

アプリをインストール